春日井市サッカー連盟 公式サイト


平成19年6月11日

春日井市長 伊藤 太 様

サッカー競技を主日的とした
スポーツ施設建設の要望書

春日井市サッカー連盟 
会長 小原 正


主旨文

国内のサッカー界は、1992年にJリーグが発足し、又、日本代表が3大会連続でワールドカップ出場を果たし、それ以前から国内各地で培ってきた底辺作りと、普及活動の成果が実を結ぶ結果と成りました。ご周知のように、小、中学生に於けるサッカー人口は野球のそれを、凌ぐほどとなりました。
わがまち春日井市に於いても、幼児から壮年にいたるまで年々サッカー人口は増える一方です。チームとしては、春日井クラブが2000年に東海社会人リーグに昇格して以来、定着して活躍をしています。又、個人では20歳以下の日本代表の伊藤翔くんを始め、有能な選手が育ってまいりました。
半面、競技施設の現状は慢性的に不足していますし、更衣室やシャワー室は皆無で、トイレはいまだに汲み取り式のところがあります。今後市内のサッカー界が更なる発展を遂げるために、又、市民が集い健全な精神と健康な体作りをする場所として、充実した設備を備えたサッカー場の建設を、ここに要望いたします。


春日井市サッカースタジアム建設計画の同意書

同意者数 48,723筆

対象者
春日井市内在住、在勤、在学者及びその家族
(インターネットによる署名者は、その限りではありません)


要望するサッカー場の規模と、その根拠

(財)日本サッカー協会が定める、スタジアム標準の“クラス3”を要望します。

先に述べましたように、現在東海社会人リーグで活躍している春日井クラブは、将来JFL(ジャパンフットポールリーグ)昇格を目指して、頑張っています。
昇格の条件の一つとして、市内にクラス3以上のサッカー場が既存の施設としてある事が定められています。又、クラス3の競技場があれば、アジアクラプ選手権や、天皇杯全日本選手権などの試合を誘致する事が出来ます。
これらのレベルの高い試合を観戦することにより、子供達をはじめとしたレベルアップにつながる事が期待されます。
又、遠来の選手はじめ大会関係者や報道関係者を通じ、春日井市の知名度の向上にもつながる事が期待できます。
そして何よりも、市内の大会では競技をするものと観戦するもの、例えぱ小学生とその父兄が、一体となる事が出来ます。


スタジアム標準
改訂 〜スタジアムクラス


クラス 客席数
   
クラスS 日本代表戦 各種公式大会予選 30,000個以上
強化・親善試合 但し全て個席
Jリーグ
日本オリンピック代表戦 オリンピック予選
強化・親善試合
アジアクラブ選手権 準決勝/決勝ラウンド
アジアカップウィナーズ選手権 決勝ラウンド
  ヨーロッパ/サウスアメリカカップ
(トヨタカップ)
その他の国際試合
種別全日本選手権 天皇杯全日本サッカー選手権大会・決勝(準決勝)
高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会
高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会
全日本女子サッカー選手権大会
 
クラス1 Jリーグ 15,000席以上
日本オリンピック代表戦 強化・親善試合 30,000席未満
U-19/U-17日本代表戦 各種公式大会予選 但し全て個席
強化・親善試合
  アジアクラブ選手権
アジアカップウィナーズ選手権
種別全日本選手権 天皇杯全日本サッカー選手権大会
高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会
高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会
全日本女子サッカー選手権大会
 
クラス2 Jリーグ(J2) 10,000席以上
アジアクラブ選手権 15,000席未満
アジアカップウィナーズ選手権 全て個席が望
  種別全日本選手権 天皇杯全日本サッカー選手権大会 ましい
高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会
高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会
 
クラス3 アジアクラブ選手権 10,000席未満
アジアカップウィナーズ選手権 全体の30%以
種別全日本選手権 天皇杯全日本サッカー選手権大会 上が個席(もし
高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会 くはベンチ席)
  高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会
全日本女子サッカー選手権大会
地域クラスの大会
都道府県クラスの大会
 
クラス4 都道府県クラスの大会 5,000席未満
市町村クラスの大会


スタジアム標準
改訂 〜ピッチ/フィールド/芝生/照度


クラスS 長さ:105m □サッカー専用スタジアム 平坦で、常緑の天然芝 フィールド内平均照度は、
幅 :68m 長さ:115m 以上 であること。 1,500ルクス以上であること。
幅 :78m 以上
ピッチの外側に向かって
    5m以上必要
 
  □多目的スタジアム
  長さ:108m以上
  幅 :71m以上
 
クラス1 長さ:105m □サッカー専用スタジアム 平坦で、常緑の天然芝 フィールド内平均照度は、
幅 :68m 長さ:115m 以上 であること。 1,500ルクス以上であること。
幅 :78m 以上
ピッチの外側に向かって
5m以上必要    
     
□多目的スタジアム
長さ:108m以上
    幅 :71m以上
 
クラス2 長さ:105m □サッカー専用スタジアム 平坦で、常緑の天然芝 フィールド内平均照度は
幅 :68m 長さ:115m 以上 であること。 1,500ルクス以上であること。

幅 :78m 以上

ピッチの外側に向かって    
5m以上必要    
 
□多目的スタジアム
    長さ:108m以上
  幅 :71m以上
 
クラス3 長さ:105m ピッチサイズを基準とし、 平坦な天然芝である フィールド内平均照度は、
幅 :68m ピッチ周辺部に競技上危険 こと。常緑であること 700ルクス以上であること。
    を及ばさないだけの余幅を が望ましい。 但し、テレビ放送を想定する
とること。 場合は1,500ルクス以上確保
することが望ましい。
 
クラス4 長さ:105m ピッチサイズを基準とし、 平坦な天然芝である フィールド内平均照度は、
幅 :68m ピッチ周辺部に競技上危険 ことが望ましい。 700ルクス以上であること。
  上記を基準とし、 を及ばさないだけの余幅を
大会規程により適 とること。
宜決定する。


人工芝のフィールド

近年、人工芝の中でも、(財)日本サッカー協会公認のものが開発され、すでに国内各地のサッカー場や、大学のダランドに採用されています。又、国際大会や、国体など国内の公式試合を行う事が出来ます。
今回要望するサッカー場のフィールドも、人工芝が最適であるとご提案いたします。
何故ならぱ、天然芝に比べて圧倒的に少ない維持費で済みますし、維持管理そのものが容易だからです。更に、天候に関わらず毎日使用する事が出来るからです。従って、施設利用料の安定した収入が見込めます。


サッカー競技以外の利用

今回要望するサッカー場は、サッカー競技以外にも幅広く市民に利用される事が、望ましいと考えます。
下記のような各種スポーツ競技始め、様々な目的に利用する事が出来ると考えます。

■利用目的

・フットサル
・ラグビー
・アメリカンフットボール
・ハンドボール
・ゲートボール
・グランドゴルフ
・企業、団体などの集会や運動会及び、展示会
・災害時の避難場所
・ヘリポート
・その他


公共スポーツ施設についての提案

今回要望する施設は、主にサッカー競技を目的とする施設です。
仮に、サッカー場ではなく陸上競技場を作れば、より多くの市民が利用できると思われがちですが、陸上競技に使用するのは1年間で10日前後ではないかと推測されます。
サッカー場に比べて陸上競技場建設には、2〜3倍の用地を確保しなければなりませんし、建設費も同様に2〜3倍となるでしょう。更に、維持管理費も同様に掛かると推測されます。
いずれにしても、建設には貴重な公費(市民の税金)が使われるのですから、より多くの市民に有効に利用されるものでなければなりません。
参考までに、昨年オープンした小牧市の人工芝のサッカー場は、平日の昼間を除いて、連日非常に利用率の商い施設であると、聞き及んでいます。


市内サッカー界の競技者数.チーム数及び年間の試合数

種別 競技者数 チーム数 公式試合数   備考
小学生 1820人 23 530   市リ一グ.市民大会,招待大会
中学生 900人 14 100   市民大会.招待大会
高校生 360人 8 80   市内大会.県選手権.県リーグ
大学生 40人 1 10   東海リーグ.東海選手権
社会人 1600人 53 350   市民大会.市リ−グ.東尾張リーグ
女子 20人 1 10   県選手権

注1)公式試合数は市内で行なわれる数で、練習試合数は含まれていません。



春日井市サッカー連盟・春日井サッカースタジアム建設推進委員会

Copyright (C) 2006 KASUGAI FOOTBALL FEDERATION All Rights Reserved.